記事詳細

D1指名確実の近大・佐藤、タイムリー締め!阪神含む6球団の前で最後のアピール/関西学生

更新
サンケイスポーツ

四回、適時打を放った佐藤。有終の美を飾った(撮影・岡田茂) 1/2枚  関西学生野球秋季リーグ第6節第2日(19日、関大1-5近大、ほっともっと神戸)26日のドラフト会議で1位指名が確実な近大・佐藤輝明内野手(4年)が関大戦で3打数1安打1打点。リーグ戦全日程を終了した。新リーグでの通算本塁打記録14本から伸ばすことはできなかったが、9人態勢で視察した阪神など、6球団の前で最後のアピールに成功した。

<< 下に続く >>

 4-0の四回2死一、三塁で強烈な打球を右前へ運んだ。チームとして5点目のタイムリー。「低めをうまく拾えたと思う。チャンスに打ててよかった」。今秋のリーグ戦を、佐藤は勝利へ貢献する一打で締めくくった。

 10試合で個人成績は打率・257だが、11打点、3発が光る。何より今季のハイライトは、前日18日に放った通算14号だ。近大OBの二岡智宏(現巨人3軍監督)と並んでいた、リーグ通算本塁打記録を更新。祝福メッセージも20~30件届いた。「記録更新は自信になるが、満足はしていない。もっとできることがあるんじゃないかと思うが、これが実力だと思って次のステージに行きたい」と待っているプロの世界での飛躍を誓った。

 三塁と外野が守れる左打ち長距離砲は、1週間後の26日のドラフトで野手ナンバーワン評価だ。この日はネット裏に阪神が大集合。和田球団本部付テクニカルアドバイザー(TA)、佐野球団本部顧問、畑山統括スカウト、熊野、山本、田中、筒井、渡辺各スカウトに竹内球団本部企画統括と、9人も視察。12球団で唯一今リーグ全試合をチェックし、和田TAは5度目と熱心度は際立つ。

 ドラフト前の最後の試合を巨人、1位指名を表明したオリックスなど6球団が見守り、本番では競合確実。しかし、ドラフトへの質問にも、佐藤が口にしたのは「まだ終わっていないんで。やれることはやった。あとは見届ける」と、今の意識は他力でV決定がかかる24日からのリーグ戦のこと。権利を持っている28日の優勝決定戦の可能性もある。まだドラフト一本に集中とはいかない。(宮本圭一郎)

■佐藤輝明(さとう・てるあき)

 1999(平成11)年3月13日生まれ、21歳。兵庫県出身。甲東小1年で野球を始め甲陵中から仁川学院高。大学1年春は左翼、2年から三塁。2年秋MVP。大学日本代表。187センチ、92キロ、右投げ左打ち。背番号8。

写真一覧

  • ネット裏には和田TA(左から3人目)ら阪神のスカウト陣が集結した

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×