記事詳細

大相撲11月場所、観客倍増5000人決定 8日初日

更新
サンケイスポーツ

東京・両国国技館 1/1枚  日本相撲協会は19日、東京・墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、11月場所(8日初日、国技館)の開催を正式に決定し、1日当たりの観客動員数の上限を2倍に増やして約5000人とすることを発表した。

<< 下に続く >>

 協会では新型コロナウイルス対策として、7月場所から2場所連続して通常の約4分の1となる上限約2500人の観客を入れて実施してきた。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によれば、この間、「場所開催中に専門家による視察を受けて対応、改善に取り組んできた」とし、行政指導に則して国技館の収容人数(1万692人)の「50%以内」とする基準に照らし、2倍増とした。

 4人升席は2人升として使用し、升内の座布団は斜めにずらし前後で使用。いす席は1席分、前後左右を空ける。食事に伴う専用スペースを設置するなど、開催へ向けた37ページにおよぶガイドラインも改訂された。

 今回から旅行代理店の団体客も受け付け、11月場所観戦は「Go To トラベル」の支援対象となる。大手旅行会社「阪急交通社」では9月場所後に昇進した熊本県出身の新大関正代のお披露目とあって、大相撲観戦を含めた熊本発の観光ツアー(2泊3日)を販売中で、景気をつける。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×