記事詳細

大相撲 升席は2人利用に 11月場所、観客5000人に拡大

更新
産経新聞

9月の大相撲秋場所初日に協会あいさつを行う日本相撲協会の八角理事長ら。この場所までは2場所続けて観客数の上限は1日当たり約2500人だった=東京・両国国技館 1/1枚  日本相撲協会は19日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲11月場所(11月8日初日、両国国技館)の観客数について、定員の約50%にあたる約5千人に1日の上限を拡大することを決めた。新型コロナウイルスの感染対策として、9月の秋場所までは2場所続けて約2500人の上限を設けていた。

<< 下に続く >>

 政府がイベントの人数制限を9月に緩和したことを受け、観客増員を模索していた。臨時理事会後にオンラインで会見した芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「今までの本場所中の(感染症専門家による)館内視察で、しっかりと感染対策がとられていたこと、指摘があれば迅速に改良しているということで、こういう形になった」と説明した。

 秋場所では通常4人が座る升席を1人に制限していたが、11月場所では2人に増やす。升席内を斜めに区切り、2人が横や前後に並ばないようにする。秋場所では使用していなかった土俵に近い「たまり席」も一部開放し、維持員や関係者が座る。椅子席は前後左右を1席ずつ空ける。

 感染対策として手指の消毒液を増やし、打ち出し後の時間差退場を2回から4回に増やす。座席での食事を禁止する代わりに館内に飲食スペースを設ける。八角理事長(元横綱北勝海)は「今後も一層の感染防止策を図り『安心安全な大相撲観戦』を開催する所存です」との談話を出した。

 20日から入場券の購入受け付けを始める。例年の11月場所は福岡市で開催されるが、移動に伴う感染リスクを考慮し、東京での代替開催が決まっている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×