記事詳細

“酩酊ラウンドガール”問題で川島勝会長に制裁金50万円/BOX

更新
サンケイスポーツ

 日本ボクシングコミッション(JBC)は19日、プロモーターでフラッシュ赤羽ジム会長の川島勝氏に、制裁金50万円と、9月8日からのプロモーターライセンス6カ月停止処分を15日付で科したと発表した。同ジム主催興行(9月8日、東京・後楽園ホール)で起用したラウンドガール数人が控室で飲酒し、一部酩酊(めいてい)状態で会場内を徘徊(はいかい)していたため。

<< 下に続く >>

 JBCは処分理由について、「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに違反する行為であるとともに、ボクシング界の社会的信用を著しくおとしめる行為」とコメントした。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×