記事詳細

史上初の初打席満塁弾 慶大の長谷川投手

更新

五回、満塁本塁打を放った慶大・長谷川聡太=神宮球場(撮影・塩浦孝明) 1/1枚  東京六大学野球リーグ第5週第2日は19日、神宮球場で2試合が行われ、慶大が明大に7-2で快勝。慶大3年生投手の長谷川が五回、リーグ戦初打席で勝ち越しの満塁本塁打を放った。連盟のホームページによると、初打席で満塁本塁打は史上初。殊勲の一打に「自分が一番驚いている。本業ではないが記録に残るようなプレーができてうれしい」と笑顔だった。

<< 下に続く >>

 救援でも右横手からの力強い直球で2回無失点と好投し、初登板で勝利投手となった。堀井監督は「短いイニングを見事に投げてくれた。(打撃では)すごいものがきた」と目を丸くした。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×