記事詳細

ヤクルト・坂口、史上129人目の通算1500安打達成 

更新
サンケイスポーツ

4回、適時打を放つヤクルト・坂口=甲子園球場(撮影・水島啓輔) 1/1枚  (セ・リーグ、阪神-ヤクルト、21回戦、19日、甲子園)ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が、史上129人目となる通算1500安打を達成した。

<< 下に続く >>

 節目の記録まで残り「1」本と迫って迎えた一戦は「5番・右翼」で先発出場。一回2死一、二塁の第1打席では二ゴロに倒れて好機を生かせなかったが、四回無死一、二塁の第2打席だった。

 先発右腕・ガンケルの147キロの直球を左翼線に弾き飛ばし、先制の適時打。鮮やかな一打で、節目の記録にたどり着いた。初安打は近鉄時代の2003年10月7日のオリックス戦で、マック鈴木から。

 球場内で通算1500安打達成を記念するアナウンスがなされ、記念のボードを持った女性スタッフが走った先は、まさかの村上がいる二塁ベース方向。審判に促され、慌てて一塁方向へ駆け寄るスタッフを見て、坂口は笑みを浮かべた。その後、ボードを持ち拍手に包まれながら頭を下げた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×