記事詳細

ディーン元気、フィンランド合宿計画 東京五輪で「勝負が目標」/陸上

更新
サンケイスポーツ

 陸上男子やり投げのディーン元気(ミズノ)が19日、オンラインで報道陣の取材に応じ、11月下旬から約2カ月間、大国のフィンランドで合宿を行う計画を明かした。

<< 下に続く >>

 2012年ロンドン五輪代表の28歳は「(フィンランドは)努力の方向性にこだわってやっている。効果的な練習にフォーカスしている」と説明した。

 新型コロナウイルスの感染状況を見極めた上で渡欧予定。早大時代から毎年のように訪れている「第2の拠点」。同国代表を指導するコーチに師事し、東京五輪に向けて強化を図る。

 度重なるけがの影響もあり、16年リオデジャネイロ五輪の代表から落選。今季は8月のセイコー・ゴールデングランプリを84メートル05で制し、復調をアピールした。同国で行ってきた助走の改善や筋力強化が結果につながった。

 「世界と勝負するには、安定して83メートルから85メートルを投げないといけない。(東京五輪に)出るだけじゃなくて勝負するのが目標」と力を込めた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×