記事詳細

立大が今季初勝利 溝口監督「正直、長かった」/東京六大学

更新
サンケイスポーツ

1回 2点打を放った立大・東=神宮球場(撮影・塩浦孝明) 1/1枚  東京六大学野球秋季リーグ第5週第2日(19日、東京・神宮球場)立大が6-2で東大を下し今季初勝利を挙げた。溝口智成監督は、「正直、長かった。初戦から4連敗後、『これから6連勝』と言って臨んで、いきなり引き分けだったが、きょうは粘ってくれた」と息をついた。

<< 下に続く >>

 今季のリーグ戦は2試合総当たり制で、勝利を1ポイント、引き分けを0・5ポイントとし、合計ポイントで優勝が争われる。立大は1勝1分け4敗で1・5ポイント、東大は1分け7敗で0・5ポイント。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×