記事詳細

京口が練習公開「完勝したい」 11月3日にV3戦 ボクシング

更新

公開練習でスパーリングする京口紘人=東京都品川区のワタナベボクシングジム(撮影・今野顕) 1/1枚  世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が19日、東京都内の所属ジムで、挑戦者タノンサック・シムシー(タイ)と闘う3度目の防衛戦(11月3日・インテックス大阪)に向けた練習を公開し「順調に仕上がった。誰でも分かるような完勝をしたい」と意気込みを語った。

<< 下に続く >>

 2ラウンドのスパーリングは連打で上下に打ち分け、フットワークも軽快。「防御のために足や位置取りを意識した。練習の効果が出た」と納得顔。計80ラウンド超のスパーを消化したという。

 新型コロナウイルス感染拡大後、海外から選手を招く国内初の世界戦で、東京五輪・パラリンピック開催への一例となる興行としてスポーツ庁なども関心を示す。26歳の王者は「1年1カ月ぶりの試合が注目されるのは光栄」と闘志を高めた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×