記事詳細

ドラフト1位確実の近大・佐藤が1安打1打点でリーグ戦全日程終了/関西学生

更新
サンケイスポーツ

 関西学生野球秋季リーグ第6節第2日(19日、関大1-5近大、ほっともっと神戸)26日のドラフトで1位指名が確実な近大・佐藤輝明内野手(4年)が、4-0の四回2死一、三塁で右前適時打で5点目を叩き出すなど、3打数1安打1打点1四球1盗塁でリーグ戦の全日程を終了した。勝利に貢献した佐藤は「(タイムリーは)低めをうまく拾えた。チャンスに打ててよかった」と振り返った。

<< 下に続く >>

 前日(18日)に近大OBの二岡智宏(現巨人3軍監督)と並んでいたリーク通算本塁打記録を更新する14号を放ったばかり。「記録更新は自信になるが、満足はしていない。まだできるが、これが実力だと思って次のステージに行きたい」とプロの世界での飛躍を誓った。

 この日は阪神が和田テクニカルアドバイザーらなんと9人視察。巨人など6球団15人が見守った。26日のドラフトではすでにオリックスが1位指名を表明しており、競合が確実視されている。

 近大はこれで8勝2敗の首位で全日程を終了。6勝2敗の立命大が、24日からの最終第7節で同大に連勝すれば優勝決定戦、1敗でもすれば近大の優勝となる。「やれることはやった。あとは見届ける。しっかり待ちたいと思う」と優勝への思いを口にした。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×