記事詳細

阪神・大山、セ2冠いける!60年ぶり快挙へ74打点でトップに4差射程圏

更新
サンケイスポーツ

一回、逆転の2点打を放つ大山。し烈な2冠争いを制する(撮影・門井聡) 1/1枚  (セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、20回戦、阪神11勝9敗、18日、甲子園)2冠いける!! 阪神はヤクルトに6-5で勝利。0-1の一回に大山悠輔内野手(25)が逆転の2点打を放った。セ・リーグトップの巨人・岡本和真内野手(24)に4差に迫る74打点。26発でキングに立っている本塁打との2冠が見えてきた。

<< 下に続く >>

 ふらっと舞い上がった打球が右前に弾む。大山のプライドと執念が詰まった逆転打に1万7461人の観衆が酔いしれた。打線爆発の口火を切る4番のひと振り。60年ぶりの偉業へ、虎の主砲がまた一歩近づいた。

 「打席に入ったときから、ランナーをかえすことだけを考えていた。結果が重要なので、そういう意味では2点取れてチームが逆転したというところが一番大きい」

 1点を先制された直後の一回。1死二、三塁の見せ場で打順が回ってきた。フルカウントからの6球目。「必死に食らいつくことができた」。小川の内角低め145キロに差し込まれながらも意地で逆方向へ持って行った。2点打で一気に逆転だ。

 これで今季74打点目。26本でセ・リーグ単独首位を走る本塁打に加え、打点でも首位の巨人・岡本(78打点)に4差につけた。本塁打&打点のリーグ2冠に輝けば、阪神では2年連続三冠王となった1986年のバース以来。右打者なら60年の藤本勝巳以来、60年ぶりの快挙となる。

 戴冠へ、好敵手は岡本だけではない。この日、大山の目の前でヤクルトの4番・村上が5打点を挙げ、リーグ2位の76打点とした。さらに本塁打でも広島・鈴木誠が24号を放ち、2本差に迫ってきた。残り19試合。行く手を阻むセ界の強打者たちに勝ち、栄光をつかんでこそ価値がある。矢野監督はタイトル獲得に向け「大いにモチベーションにして、取れるものは全部取ってくれたらいい。その勢いで、その気持ちで毎打席いってくれたら。貪欲に狙ってほしい」と背中を押した。

 最近5試合の打率・500と絶好調。当然、他球団からのマークは厳しさを増している。それでも結果を出し続けるほど、いまの大山は強い。その根幹には、がむしゃらに野球に取り組む姿勢があった。

 「1球に対する必死さ、食らいつきは技術ではどうにもならないところもある。ランナーをかえす気持ち、チームの勝利に貢献したいという気持ち。全てが合わさって何とかやっている」

 これだけ頑強な意志を持ちながら「そういう気持ちというのはまだまだ足りない。もっともっと上げていけるように準備したい」とさらに上を見る。まだできる、もっとできる-。折れない心がある限り大山の進化は止まらない。

 打線は2試合連続の2桁と快音を響かせ10安打6得点で連勝。自身が最も重視する勝利打点を挙げ、背番号3はお立ち台で誓った。

 「打点はチームの勝敗に一番直結する数字。1点でも多く、もっともっと増やしていけるように頑張ります」

 勝利の先に待つ2冠の栄光へ-。虎の4番は一歩一歩着実に進んでいく。(原田遼太郎)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×