記事詳細

河本力、第3Rで2罰打 最終Rは2アンダーからスタート/国内男子

更新
サンケイスポーツ

 日本オープン選手権最終日(18日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)ツアー史上5人目のアマチュア優勝に向けて好位置につけていた河本力(20)=日体大3年=が、第3ラウンド(R)の13番(パー4)で正しい位置にリプレースしなかったことが分かり、2罰打が科された。第3Rの同ホールはダブルパーとなり、最終Rは通算2アンダーの3位からスタートすることになる。

<< 下に続く >>

 河本は第3Rの18番(パー5)でもピッチマークの修正がうまくできずにボールが動き、バーディーパット前に競技委員が近寄って注意する一幕があった。13番のミスは、最終Rスタート前にチームレフェリー立ち合いのもと、本人も映像を確認したという。スコアカードを提出した後にミスが発覚したが、規則違反になるという認識がなかったため失格とはならない。

 ▼ゴルフ規則14-7a(球をプレーしなければならない場所) ホールをスタートした後 プレーヤーは自分の球が止まった場所から各ストロークを行わなければならない。違反した場合は一般の罰(ストロークプレーでは2罰打)。※抜粋

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×