記事詳細

阪神に女子野球チームできる 監督は阪神OBが務める予定

更新
サンケイスポーツ

 阪神は17日、2021年シーズンから「阪神タイガース女子硬式野球クラブチーム」を設立すると発表した。

<< 下に続く >>

 清水常務取締役は、(1)女子野球選手の憧れ、目標となること(2)女子が野球を始めやすい環境づくり(3)女子野球人口を増やし、女性の野球ファンやタイガースファンを増やすことを掲げ「(この)3点を目指して、野球振興活動に取り組んで参ります」と説明した。

 監督は阪神のOBが務める予定で活動期間は2月から11月。毎週末に1回程度、西宮市周辺で全体練習を行う。チームは全日本女子野球連盟および関西女子硬式野球連盟に登録し、大会にも参加する予定。タイガースの選手らと野球振興活動を一緒に行うことも「前向きに検討していくつもり」という。

 全日本女子野球連盟の山田代表理事は「女子野球の歴史に新たな1ページを作ってくださることだと思っております。女子野球をより一層盛り上げていきたいと思います」とコメントした。

 これに伴ってセレクションも実施。動画での1次選考、会場での2次選考が行われる。参加資格や日程、詳しい応募方法については19日から球団公式サイトで公開される。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×