記事詳細

笑顔もいいけど矢野さん、鬼になってください

更新
産経新聞

帽子とマスクの間から見える目の力のないこと… 1/1枚 【ココリコ遠藤章造 プロ野球独り言】

 今日10月16日は、今から35年前に阪神タイガースが神宮球場で21年振りに優勝を決めた日です。

<< 下に続く >>

 あのとき私は14歳、中学2年生でした。毎日のように、「真弓~真弓~ホームラン~」「バースかっ飛ばせバース、ライトにレフトにホームラン~」「ここまで飛ばせ~放り込め放り込め掛布~」と、声を枯らして応援してました。

 今49歳のジジイになっても、同じく声を枯らして応援してます。私の中で家族の誕生日、結婚記念日同様、大事に覚えてるのが、この10月16日。そして9月15日、9月29日です。もちろん全て阪神タイガースが優勝した日付です。あと11月2日は唯一、日本一になった日なので、この日も大事に覚えています。

 今年はまだ可能性は0%ではないが厳しい現状…。一番近い優勝記念日の9月29日からも15年が経ちました…。今年のタイガース、最終的に2位なのか? それとも最下位なのか? どちらにしても、矢野監督の来年続投も決まりました。

 今年は「イッツ勝笑タイム! オレがヤル」を掲げて戦いましたが、新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ、途中選手がそのコロナにかかり、本当に大変な年だったと思います。今年はマスクをしているせいもあるのか、本当に矢野監督の笑顔どころか、帽子とマスクの間から見える目の力のないこと…。来年もやることが決まったので、来年は是非、笑顔をたくさん見せてもらいたいものです。

 が、そのためには鬼になってもらいたいな。笑顔も大事ですが、その前に鬼になって選手を鍛え抜いて下さい。監督以下首脳陣は「厳しくしてる、練習はたくさんしている」と言うとは思いますが、プロは結果が全てですからね。

 結果が出てないチームは、時代が変わっても厳しく鍛えていかないと。なので本当に秋、春のキャンプから実践してもらい、来年こそ新たに記念日を増やしてほしいものです。来年50歳になる私も声を枯らして応援します。記念日は9月中頃かなぁ~、10月頭かなぁ~、もしかして8月になるのかなぁ~。ホンマ期待してまっせ!

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×