記事詳細

貴景勝と正代、連日の「熱戦」 大相撲合同稽古

更新
産経新聞

 大相撲11月場所(11月8日初日、両国国技館)に向け、希望力士を対象とした合同稽古の2日目が17日、国技館内の相撲教習所で開かれ、大関貴景勝と新大関正代が前日に続いて熱戦を繰り広げた。12番取り、6勝6敗の五分だった。

<< 下に続く >>

 稽古は貴景勝が正代を指名した。貴景勝が立ち合いから一気に押し込んだり、相手の馬力を受け止めた正代が寄り切ったり、互いの持ち味を生かした攻防があった。2人は所属する一門が違い、稽古ではほとんど胸を合わせることはない。貴景勝は「お互い真っ向勝負だから力をつけるためにはいい。切磋琢磨(せっさたくま)していいと思う」と充実感を漂わせた。

 対照的に改善点ばかり口をついたのが正代。「体力が落ちている。続けて何番も力が出るようにしたい。馬力もそうだし、もうちょっと柔らかさというか、そういうのもほしい」。新大関として臨む11月場所に向けて体を鍛えていく。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×