記事詳細

錦織圭、1年ぶり四大大会で初戦突破 フルセット激闘「タフな試合だった」/全仏テニス

更新
サンケイスポーツ

約1年ぶりの四大大会で白星スタートの錦織。4時間近い激闘を耐えて勝ち抜いた(ゲッティ=共同) 1/1枚  テニス・全仏オープン第1日(27日、パリ)開幕した。男子シングルスで世界ランキング35位の錦織圭(30)=日清食品=は1回戦で第32シードのダニエル・エバンズ(30)=英国=に1-6、6-1、7-6、1-6、6-4で勝ち、6年連続で2回戦に進んだ。錦織は右肘手術や新型コロナウイルス感染を経て復帰し、昨年の全米オープン以来約1年ぶりの四大大会を白星発進した。

<< 下に続く >>

 錦織がいきなりフルセットの激闘。気温10度余りと冷え込み、強風に加えて雨による中断も挟む厳しい状況下で3時間49分の熱戦を制した。コロナ禍で初めて観客を入れての四大大会となったが、観客席は両選手の関係者らを含めてもわずか20人ほど。異例ずくめの全仏を初戦突破し、「タフな試合だった。ラリーを長くして相手のプレーを見ることで自分の良さが出た」と安堵の表情を浮かべた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×