記事詳細

ロッテの井上が恩返し打 首位のソフトバンクに1ゲーム差

更新
産経新聞

1回、先制の2点二塁適時打を放つロッテ・井上晴哉 =ZOZOマリンスタジアム(田村亮介撮影) 1/1枚  ロッテが27日、ソフトバンクを下した。

 バットで先輩に“恩返し”をした。ロッテの井上が一、二回の好機で2本の二塁打を放ち、計4打点。「(中大の3学年)先輩の(美馬)学さんが投げていたので、気合を入れて打席に入った」。序盤の大量リードで試合を優位に進め、美馬に8勝目をプレゼントした。

<< 下に続く >>

 今季、美馬は国内フリーエージェント(FA)権を行使し、楽天からロッテに移籍。井上は「(同じ大学の)先輩が身近にいなかったので懐かしく感じた。(美馬が)投げるときは楽しく試合に入れている」と語る。

 先輩の存在もあり、この日は一回1死満塁から、左中間への適時二塁打で2点を先制。4点リードの二回2死一、二塁からも左中間へ2点適時打を放った。移籍後の美馬から3度、焼き肉をごちそうになったことを明かし、「しっかり恩返しができたと思う」と満面の笑みを浮かべた。

 首位のソフトバンクとの3連戦を2勝1敗と勝ち越し、ゲーム差を1に縮めた。「昨日は(ソフトバンクに)やられたので(今日は)やり返す気持ちだった。首位に立てるように(今後も)勝っていきたい」。きっちりと“倍返し”を果たした。(神田さやか)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×