記事詳細

田中大貴、コロナ陽性から復帰「何かしらのメッセージに」/バスケ

更新
サンケイスポーツ

ファン向け動画の収録で、オンラインで思いを話すA東京の田中大貴(左)。右は開幕戦で対戦する川崎の篠山竜青 1/1枚  バスケットボール男子・Bリーグは27日、10月2日の開幕へ向けたファン向け動画の収録と記者会見をオンラインで行った。8月中旬に新型コロナウイルスに陽性反応を示したA東京の田中大貴(29)は、コロナで苦しむ人々を励ますためにも全力プレーを誓った。

<< 下に続く >>

 「陽性反応が出た身として、いいパフォーマンスを発揮できれば、何かしらのメッセージになるのでは」。新たなシーズンへの思いを表した。

 全体練習再開から1カ月ほどたった8月中旬、チームが実施したPCR検査で他の2人とともに陽性と判定された。幸い無症状だったが、10日間の自宅待機を余儀なくされ、チームも練習中断。「申し訳ない思いがあったが、開幕直前でなくてよかった。気を付けていても(陽性が)出る。いかに少なくするかが大事と感じた」と振り返る。

 10月2日に、リーグ全体の開幕戦として観客を入れて川崎と戦う。「ファンを入れてやれるのはうれしい」と、久々の公式戦に喜びを話す。

 昨季はコロナ禍で途中終了しており、改めて3連覇を目指す今季。「無事60試合を消化できるか分からない。バスケ以外への意識も大事な、精神的に難しいシーズンになるが、チャレンジして、成功したといえるようにしたい」と覚悟を語る。

 昨季のシーズンMVPだが「全試合を消化できなかったので、心のどこかにもやもやがある。それをモチベーションに、評価してもらえるプレーをしたい」と誓った。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×