記事詳細

新人王候補の巨人・戸郷が7回無失点で8勝目 1カ月ぶりの白星

更新
サンスポCOM

今季8勝目を挙げ、ポーズをとる巨人・戸郷=東京ドーム(撮影・福島範和) 1/1枚  (セ・リーグ、巨人5-1中日、21回戦、巨人11勝8敗2分、27日、東京D)巨人・戸郷翔征投手(20)が7回4安打無失点と好投し、先月27日のヤクルト戦以来、1カ月ぶりの白星となる8勝目(4敗)を挙げた。

<< 下に続く >>

 今季の新人王候補に挙がる高卒2年目の戸郷。しかし、9月は3試合で0勝2敗と苦しんでいた。この日は中8日のマウンド。一回に無死一、二塁のピンチを招いたが、アルモンテ、ビシエド、高橋の中軸を抑えて無失点で切り抜けた。二回、三回に1安打ずつを浴びたが、四回以降は完璧なピッチング。1安打も許さず、先発の役割を果たし、マウンドを降りた。

 打線は一回、先頭の吉川尚が二塁打で出ると、松原の適時三塁打で先制。続く坂本の二ゴロの間に三走が生還し、主導権を奪った。五回には2死一、二塁から岡本の右前適時打で3点目、六回には炭谷の犠飛で4点目、七回には丸の適時内野安打で点を重ねた。

 ◆巨人・戸郷翔征投手 「今月は勝ちがなくチームには迷惑をかけていたので、なんとか1勝挙げられればな、という思いで投げました。勝ちはうれしいですが、久々の勝ちが一番うれしいと実感しています」

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×