記事詳細

明大が立大に2戦連続逆転勝ち 右腕・西城が初勝利/東京六大学

更新
サンケイスポーツ

明大・西城愁太投手は、急きょの登板で2回無失点(撮影・赤堀宏幸) 1/1枚  東京六大学野球秋季リーグ第2週第2日(27日、明大9-3立大、神宮) 2点を追った明大は二回裏に1点を返し、四回に同点に追いついた後の1死一、三塁で、代打・村松開人内野手(2年)が右中間に勝ち越しの2点二塁打を放ち、さらに2点と計5点を加え、七回にも3点を追加。試合を優位に進め、2試合連続逆転の9得点での勝利を収めた。

<< 下に続く >>

 投手陣は、先発右腕・高橋聖人投手(3年)が五回途中に右腕に打球を受けて無死一、二塁で降板したのを受けた右腕・西城愁太投手(3年)が2個の併殺などで抑えリーグ戦初勝利を挙げた。

 明大・田中武宏監督は「ウチらしい、しつこい野球ができてきた。ただ、『先に(得点を)』といってきたのに、どうしてもやることができなくて、先手をとられてしまった。アクシデントがあったが、西城がしっかり準備していてよく投げてくれ、(エースの)入江や(主将の)公家ら4年生が引っ張ってくれた」と9得点での2連勝を振り返った。

 初勝利の西城は「結果的に投手陣がみんなつないでくれ、(打線も)打ってくれて、(初勝利に)なった」と笑顔を見せた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×