記事詳細

福岡堅樹、自身の逆転トライをモチーフとしたモニュメントに笑顔

更新
サンケイスポーツ

自身の逆転トライがモチーフとなったモニュメントを見つめる元ラグビー日本代表WTB福岡堅樹=静岡・エコパスタジアム 1/1枚  昨秋のラグビーW杯日本大会で日本代表初の8強入りに貢献した元日本代表WTB福岡堅樹(28)=パナソニック=が27日、アイルランドから大金星を挙げた静岡・エコパスタジアムで行われた「W杯開催1周年記念イベント」に出席した。28日でちょうど1年。自身の逆転トライをモチーフとしたモニュメントがお披露目となり、「素直にうれしい。日本中に感動を与えられたんだと再認識しました」と笑顔を見せた。

<< 下に続く >>

 モニュメントは、静岡出身の彫刻家・堤直美氏によって制作された。銅製で、高さ2・66メートル、重さ約1トン、総制作費は2000万円だという。福岡は「これを見て、あのときの感動を思い出してもらえたら。すごくうれしい。これから、ラグビーが普及していく中で、少しでも力になれたら」と呼びかけた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×