記事詳細

“チームサニブラウン”で五輪「金」 陸上男子短距離

更新
サンケイスポーツ

取材に応じたサニブラウン。コーチやトレーナーらとのチームで五輪を目指す(UDN SPORTS提供) 1/1枚  陸上男子100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(21)が26日、東京都内で報道陣の取材に応じ、開幕まで300日となった東京五輪の目標について「ずっと金メダルに設定している」と言い切った。

<< 下に続く >>

 7月に米フロリダ大からフロリダ州のプロクラブに練習拠点を移した。2017年の大学進学前に指導を仰いだレイナ・レイダー氏に再び師事。休暇で一時帰国中のプロランナーは、トレーナーや栄養士らを加えた“チームサニブラウン”として五輪を目指している。

 日本陸連は金メダルを狙う男子400メートルリレーに注力するため、短距離2種目の出場条件を複数設定。その一つが、100メートルと200メートルの記録が決勝進出の可能性を示す水準にあること。タイムの規定はないが、100メートルは9秒97、200メートルは20秒03の日本記録を上回る走力が必要になりそうだ。

 「タイムを切ったら両方出られる。大丈夫かな」。10月の日本選手権(新潟)を欠場するが、新生チームのバックアップを受け、大器が加速する。(鈴木智紘)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×