記事詳細

松山が4年ぶり2度目のV 全日本フェンシング最終日

更新

男子フルーレ決勝で永野雄大(奥)を破り、雄たけびを上げる松山恭助=ニューピアホール(日本フェンシング協会提供) 1/1枚  フェンシングの全日本選手権個人戦最終日は26日、東京都港区のニューピアホールで各種目の決勝が行われ、フルーレは男子で23歳の松山恭助(JTB)が昨年優勝の永野雄大(中大)に15-4で快勝し、頂点に立った。女子は菊池小巻(こまき)(セガサミー)が辻すみれ(朝日大)を破った。松山、菊池ともに4年ぶり2度目の優勝。

<< 下に続く >>

 サーブルの男子は17歳の小久保真旺(まお)(埼玉・星槎国際高川口)が吉田健人(警視庁)を15-7で破り、この種目で最年少優勝。女子は福島史帆実(しほみ=セプテーニ・ホールディングス)が青木千佳(ネクサス)に快勝した。

 エペの女子は佐藤希望(のぞみ)(大垣共立銀行)が寺山珠樹(日大)を下し、5年ぶり6度目、男子は36歳の坂本圭右(自衛隊)が宇山賢(三菱電機)を破り、6年ぶり4度目の優勝を果たした。

 新型コロナウイルスの影響のため、無観客でオンライン中継された。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×