記事詳細

横浜FCの松尾、下部在籍の浦和から2発 “恩返し弾”に「楽しくプレー」

更新
産経新聞

前半、先制のゴールを決める横浜FC・松尾佑介=埼玉スタジアム(蔵賢斗撮影) 1/1枚  サッカーの明治安田生命J1リーグは26日、横浜FCが松尾の2ゴールで浦和を2-0で破り、3試合ぶりの勝利を挙げた。

<< 下に続く >>

 横浜FCの松尾が下部組織に所属した浦和に強烈な“恩返し”を見舞った。当時指導を受けた浦和の大槻監督が見守る前で2ゴールを奪い、「夢の場所の埼玉スタジアムで楽しくプレーできた」と笑みがこぼれた。

 前半16分に左サイドでボールを持ち、内へ切り込みながらのミドルで先制。前半35分には再び左サイドでパスを受けるとドリブルでゴール前へ持ち込み、GKとの1対1を落ち着いて制した。

 特別な思いがあった。ユースからトップ昇格を果たせず、大槻監督の助言もあって仙台大へ進学。「悔しさを糧に成長した」とスピードのあるドリブルに磨きをかけ、今では横浜FCサポーターを喜ばせる存在となっている。

 大学在学中にプレーした昨季は6得点でJ1昇格に貢献し、今季もチームトップの6得点まで伸ばした。東京五輪出場も視野に入ってきた23歳は、「次の試合でもゴールを決められるようにしたい」と力強く前を見据えている。(奥山次郎)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×