記事詳細

正代、2敗で単独首位 1差に貴景と翔猿

更新

正代(右)は押し倒しで朝乃山を下した=両国国技館(撮影桐原正道) 1/1枚  大相撲秋場所14日目は26日、両国国技館で行われ、初優勝を狙う関脇正代が大関朝乃山を豪快に押し倒し、12勝目を挙げて単独トップに立った。2敗で首位に並んでいた新入幕の翔猿(とびざる)は大関貴景勝にはたき込まれ、ともに11勝3敗。朝乃山は4敗目。

<< 下に続く >>

 賜杯の行方は2敗の正代と1差の2人に絞られた。千秋楽で正代が翔猿を下せばそのまま優勝。翔猿が勝てば優勝決定戦にもつれ込み、さらに結びで貴景勝が朝乃山を破れば、3人によるともえ戦となる。

 関脇御嶽海は平幕若隆景(わかたかかげ)を下手投げで下し、勝ち越した。若隆景は阿武咲(おうのしょう)とともに4敗目。

 十両は元幕内千代の国が13勝目を挙げ、3度目の十両優勝を果たした。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×