記事詳細

プロ野球コロナ対策ガイドライン PCR検査陽性となった場合、陰性確認後も14日間自宅待機

更新
サンケイスポーツ

勝利を飾ってハイタッチをする工藤監督らソフトバンクナイン。こんな当たり前の光景が、しばらくはなくなりそうだ 1/2枚  6月19日に無観客で公式戦を開幕するプロ野球が、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査で陽性となった場合は陰性が確認できてからも14日間、自宅待機とすることなどを検討していることが29日、球界関係者への取材で分かった。日本プロ野球選手会の了承が取れれば、日本野球機構(NPB)が作成している感染防止を趣旨としたガイドラインに盛り込まれる。

<< 下に続く >>

 6月19日に無観客で開幕するプロ野球公式戦のガイドラインの一部が、みえてきた。

 新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査で陽性と判定された場合は、陰性が確認できてから14日間、自宅待機とし、濃厚接触者と判定される可能性があるときは、速やかにチームを離れることが検討されている。同居する家族が陽性となった場合も、14日間の自宅待機となる見通し。PCR検査で陰性となったり、医師に検査は必要ないと判断されたりした場合も、本人や同居家族が体調不良を訴えれば7日間の自宅待機になるとみられる。

 グラウンドでの予防策としては、つばを吐くことの禁止や、素手でのハイタッチや握手、試合前やイニングの合間の円陣を控えるといった案が挙がっている。

 審判員は感染拡大を避けるため、5人一組のグループを固定して試合を割り振り、球審はプレー中もマスクを着用することを検討。報道陣の取材は指定されたエリアで2メートル以上の間隔を空けて行うこととし、グラウンドやベンチへの立ち入り、選手と並んで歩きながらの、いわゆる“ぶら下がり取材”は禁止される見通しだ。

 ガイドラインは公式戦の開催に備えて、感染防止を趣旨に作成。無観客がしばらく続くことを前提とし、初稿はA4版で約80ページに及ぶ。6月2日に再開する練習試合でも指針となり、日本プロ野球選手会との調整を経た上で、週明けにも公開される。

写真一覧

  • ベンチ前で円陣を組むヤクルトナイン。こんな当たり前の光景が、しばらくはなくなりそうだ

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む