記事詳細

新大関朝乃山が稽古再開 横綱へ「精神面をもっと強く」

更新
産経新聞

 稽古を再開した新大関朝乃山=30日、東京都墨田区の高砂部屋(代表撮影) 1/1枚  大相撲で新大関朝乃山が30日、東京都墨田区の高砂部屋で春場所後の稽古を再開した。ストレッチで体をほぐし、ゆっくりと四股を踏むなど軽めの調整。代表取材に応じ、「(大関と呼ばれ)まだ慣れないけど、この地位まできたなと実感した。部屋頭なので頑張らないと」と意気込んだ。

<< 下に続く >>

 春場所後は新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、ほとんど外出しないで部屋で過ごしたという。同ウイルスの影響で3、4月に予定されていた春巡業は実施しないことから、当面は部屋で稽古に励む予定。「巡業に新大関として行きたかった。お客さんも楽しみにしていたと思うし、申し訳ない」と話した。

 5月10日初日の夏場所(両国国技館)の開催可否はまだ決まっていない。「5月場所に向かって力士は稽古するしかない。もう一つ上を目指すには稽古もそうだし、精神面をもっと強くしないと」と力を込めた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む