記事詳細

ゴルフ架空マッチ、松山はベスト16/米男子

更新
産経新聞

 男子ゴルフで新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止となった世界選手権シリーズ「デルテクノロジーズ・マッチプレー」(米テキサス州・オースティンCC)は28日(日本時間29日)、専門家の予想などで勝敗を決める公式サイト上の“大会”を実施。世界ランキング1位のロリー・マキロイ(30)=英国=らが準決勝に進んだと発表した。

<< 下に続く >>

 25日に開幕予定だった同大会。10人の専門家が結果を予想し、同点の場合は大会公式ツイッターアカウントでのファン投票で勝敗を決定する“架空”のマッチプレーで、松山英樹(28)=LEXUS=はファン投票でザンダー・シャウフェレ(26)=米国=に敗れてベスト16止まりだった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む