記事詳細

藤浪が参加した食事会、13人以上だった可能性も

更新
サンケイスポーツ

阪神・藤浪 1/1枚  新型コロナウイルスに感染した阪神・藤浪晋太郎投手(25)が参加していた14日の食事会の参加者が13人以上だった可能性があることが29日、わかった。西宮市内で取材に応じた谷本修副社長兼球団本部長(55)が「のべ何人になるかはわからない。12人以上いた可能性はあります」と明らかにした。

<< 下に続く >>

 藤浪が陽性と診断を受けて揚塩社長は27日に会見し、14日に行われた食事会で感染した可能性があることを指摘。その参加者は球団7選手と社外から5人の計12人としていた。しかし28日に大阪府で新たに感染が明らかになった20代女性2人と、29日に神戸市内で新たに感染が明らかになった20代女性1人が、この食事会に参加していたことが明らかに。藤浪と伊藤隼、長坂の球団3選手と一般人3人の計6人の感染者が食事会から出たことになった。これを受けて球団は7選手に改めてヒアリングしたところ、13人以上の参加者がいた可能性が高いことがわかった。

 谷本副社長は「藤浪が到着したときに12人いたと。その後、お友達を呼んだ、ということなので、のべ何人かはわからない。12人以上いた可能性はあります」と説明した。このときまでに他の参加4選手からは体調の異変を訴えるものは出ておらず、球団から新たに感染を疑われるものは出ていない。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む