記事詳細

全柔連、4月中旬以降に選考方法など協議/柔道

更新
産経新聞

 全日本柔道連盟(全柔連)は27日、福岡国際センターで4月4、5日に開催予定だった全日本選抜体重別選手権を新型コロナウイルス感染拡大により延期すると発表した。

<< 下に続く >>

 柔道の五輪代表は男女14階級のうち13階級で内定済み。内定選手の処遇などについて全柔連は前日26日に約5時間にわたって議論したが、結論は出なかった。お家芸としてメダル量産に期待がかかる中、1年後の勢力図の変化は予測できない。中里氏は再選考の可能性も含めて「しっかり話し合っていきたい」とし、4月中旬以降の臨時理事会などで審議する見通しを示した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む