記事詳細

ヤクルト、28日と29日練習中止…選手ら自宅待機 2軍戦も中止に

更新
産経新聞

高津監督(右)はマスクを着用し、2軍の練習試合を視察した。左は河田外野守備走塁コーチ (撮影・長尾みなみ) 1/1枚  プロ野球は27日、新型コロナウイルスの感染拡大により東京都知事らが今週末の外出自粛を要請したことを受け、各球団が練習や試合の取りやめを発表した。東京を本拠地とするヤクルトは28-30日の練習をやめ、1、2軍ともに31日に再開する。また28、29日に予定していた2軍の練習試合(対日本ハム、戸田)の中止も決めた。

<< 下に続く >>

 新たなコロナ余波が球界に押し寄せた。埼玉・戸田球場で行われた全体練習前。ヤクルトは、斎藤充弘チーム運営部長(51)が選手を集めて注意喚起した。

 「改めて自己管理と、家族も(感染に)気を付けるようにと(話した)。体調不良があれば、トレーナーに報告する。プロとしての自覚を持ってほしい」

 阪神の藤浪ら3人が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たことが判明。東京都などの外出自粛要請を受け、首都圏では28日以降の全体練習を中止とする球団が相次いだ。

 ヤクルトでは28、29日に戸田球場で行う予定だった1軍の全体練習を取りやめ、両日に予定していた2軍の日本ハムとの練習試合(戸田)の中止も決めた。この2日間、選手やスタッフらは自宅待機とし、不要不急の外出を控えるよう指示。過去48時間の行動記録をつけることも伝えた。

 1、2軍とも31日に再集合する予定で、現時点では同日に2軍の巨人戦(ジャイアンツ球場)が組まれている。球団は手洗い、うがいを徹底させ、戸田寮にはオゾン脱臭機の小型版を導入。最善策をとっている。

 練習前、選手に「ユニホームを着ているときは集中して頑張ろう」と伝えた高津監督は「選手はいろいろ考えて体を動かしてほしいけれど、こういう状況だからね。火曜日からは試合もあるから、出る人は準備してほしい」と思いやった。プロ野球選手としての自覚を胸に、見えない敵との戦いが続いている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む