記事詳細

ロッテD1・佐々木朗、解禁変化球もキレてる!2度目フリーでビシビシ156キロ

更新
産経新聞

フリー打撃に登板した佐々木。変化球を交えて40球を投じた (撮影・戸加里真司) 1/2枚  ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=が27日、ZOZOマリンスタジアムで行われた練習で2度目の打撃投手を務め、初めて変化球を交えて40球を投じた。最速は156キロを計測し、安打性の当たりは2本にとどめた。最速163キロ右腕の調整は順調だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、チームは28日から3日間の練習休止を決めた。

<< 下に続く >>

 佐々木が2度目のフリー打撃登板で、変化球を解禁した。スライダーとフォークボールを交えて40球。高卒3年目の左打者・安田(履正社高出)と同2年目の右打者・山口(秋田・明桜高出)に対し、安打性の当たりは2本だった。

 「前(24日)よりは、落ち着いて投げることができた。(変化球は)もっといいボールが投げられると思うのでどんどん経験を積んでレベルアップしていきたい」

 最後の球で最速156キロを計測した。変化球は14球で、フォークが抜けるなどボール球が目立った。それでも、見守った井口監督は「しっかりと投げている。スライダーもいいところにいっていた。次回、いい投球に期待したい」と語った。

 4月3日はシート打撃に初めて登板する。黄金ルーキーは一つずつ階段を上がっているが、チームにコロナ余波が押し寄せた。首都圏で外出自粛要請が出され、阪神では藤浪らが新型コロナウイルスに感染。ロッテは感染拡大の予防策として、28日から3日間、行う予定だった練習を取りやめた。

 1年目から思わぬ事態に直面した最速163キロ右腕。週末は「寮で、できることをやる」とし「これ以上、感染が拡大しないように自分も気を付けていきたい」と表情を引き締めた。

写真一覧

  • 打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む