記事詳細

イングランド・エディー監督、減俸受け入れ

更新
産経新聞

 ラグビーの前日本代表ヘッドコーチで、イングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ監督(60)が26日、イングランド・ラグビー協会の財政負担を軽減するため25%以上の減俸を即座に受け入れたと、英BBCなどが報じた。

<< 下に続く >>

 新型コロナウイルスの影響で、同協会は今後1年半で最大5000万ポンド(約65億6000万円)の損失が出ると試算。前日25日には経営陣の報酬を25%減給する方針を示した。イングランドは昨年のW杯日本大会で準優勝。同監督の契約は21年8月までで、年俸は約1億円といわれる。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む