記事詳細

阪神・谷本副社長「選手の情熱に応えていかないといけない」

更新
産経新聞

 セ・リーグは27日、東京都内で臨時理事会を開き、阪神から藤浪晋太郎投手(25)ら3選手が新型コロナウイルスに感染した経緯などが報告された。12球団は4月24日で開幕を想定しているが、今回の件は開幕前とあって再度の延期の検討材料とならず。開幕へ向けての準備状況などを確認した。

<< 下に続く >>

 阪神・谷本球団副社長兼本部長はセ・リーグ臨時理事会に出席後、取材対応。「開幕前の大事な時に、感染者を発生させたことを冒頭おわびした」と謝罪したことを明かした。球団の判断で最低1週間の活動休止を決めたが「少なくとも1週間。それが10日になるか2週間になるかは分からない」と長期化する可能性に言及。選手の中には、他球団と掛け合ってでも練習したいという声が上がった。「それも止めました」と言いつつも「彼らの情熱には応えていかないといけない」と早期に練習を再開できるよう、尽力する構えを示した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む