記事詳細

IOC、五輪出場枠は継続の意向 JOC山下会長明かす

更新
サンケイスポーツ

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が27日、テレビ会議によるJOC理事との情報交換後に東京都内で取材に応じ、東京五輪の1年程度の延期決定を受けた対応を協議したと明かした。「取るべき対応について、理事と忌憚(きたん)なく話した」と説明した。

<< 下に続く >>

 26日には、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がIOCの全委員を対象に開いた電話会議に参加。IOCは代表選考について、国際大会で得たポイントなどに基づいて国際競技連盟が各国に割り振る五輪出場枠を継続したい意向を示したという。

 プロ野球・阪神の藤浪晋太郎投手ら3選手の新型コロナウイルス感染発覚を受けて「注意していたはず。これからも出てくるかも」と警戒を強めた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む