記事詳細

コロナ陽性反応の藤浪、伊藤隼、長坂が入院

更新
サンケイスポーツ

伊藤隼太(左)と長坂拳弥 1/2枚  阪神・揚塩球団社長が27日、西宮市内の甲子園室内練習場で、藤浪晋太郎投手(25)、長坂拳弥捕手(25)、伊藤隼太外野手(30)の3選手に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。

<< 下に続く >>

 冒頭で揚塩社長は「昨日、3選手が大阪府内の病院でPCR検査を受けた結果、残念ながら陽性と判明しました。拡大防止のために国民をあげている中、関係者の皆さまにご心配をかけ、誠に申し訳ありません。重く受け止めています。球団として拡大防止のために努力してまいります」と謝罪した。

 藤浪は21日ににおいが感じにくいなどの自覚症状を訴えた。発熱、せきなどの風邪症状はなく、嗅覚の障害も改善している。伊藤隼は22日の食事の際、においが感じにくいと自覚症状があったが、藤浪と同様に風邪の症状はなく、嗅覚異常も改善の方向だったが、2人は27日午後に大阪府内の病院に入院した。

 長坂は18日に発熱症状があり練習を欠席。病院で診察を受け、肺炎症状がないため風邪と診断されていた。23日まで自室にて療養し、24日から練習を再開。しかし、25日に食事の味がしにくいと申告。その後26日深夜に兵庫県内の病院に入院した。風邪の症状はないが、味覚、嗅覚に少し自覚症状が残っている。 

 現時点では3人以外に、球団内にも、選手の家族にも、異常を訴える者は出ていないという。

 藤浪ら3選手を含む阪神の選手7人は、球団関係者以外の5人と計12人で、今月14日に会食を行っており、その場を中心に感染経路を追っているという。参加者の渡航歴に関しては、球団としては現時点で把握していない。

 他球団が選手に外出禁止令を出している中で、阪神は外出OKだったことに関しては「今から思えば、こうなってしまった以上は申し訳ない」と同社長は改めて頭を下げた。選手の外食に関しては26日に、選手同士、知人との外食はすべて禁止したことも発表された。

写真一覧

  • 阪神選手の新型コロナウイルス陽性判定について会見を行う阪神・揚塩球団社長=甲子園球場室内練習場(撮影・水島啓輔)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む