記事詳細

プロ野球開幕危機…阪神・藤浪のコロナ陽性に球界衝撃、集団感染の可能性も

更新
産経新聞

前日25日、甲子園で行われた阪神の練習風景。藤浪(左から3人目)は嗅覚の異変を感じつつも、通常通り投手陣の輪に加わっていた 1/1枚  阪神・藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルスの感染有無を判定するPCR検査を受け、陽性反応が出たことが26日、分かった。日本の主要プロスポーツ選手の感染は初。発熱などはないが、数日前から嗅覚の異常を訴えていた。他にも選手数人に味覚障害に似た症状があるという。阪神は球団施設を閉鎖し、1週間の活動休止を決定。プロ野球は4月24日の開幕を目指しているが、国内の感染拡大もあり、厳しい情勢となった。

<< 下に続く >>

 4月24日の開幕を目指してプロ野球関係者が懸命に努力している中、厳しいニュースが飛び込んだ。主役の選手の一人である阪神・藤浪が、新型コロナウイルスに感染したことが26日夜に判明。大きな危機が訪れた。

 午前10時15分。兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場で練習していた選手が突然、引き揚げていった。阪神の球団広報が報道陣を集め、2軍練習試合のソフトバンク戦を中止にしたと発表。さらに、1枚の紙が渡された。

 「藤浪選手のPCR検査の実施及び本日の練習試合中止について」

 球界屈指の速球を投げる右腕に感染の疑いがあると示された。正午を過ぎて正式発表となり、球団事務所で谷本修球団副社長(55)が緊急会見を開いた。

 藤浪が異変を訴えたのは2日前の24日だった。

 「においがしない」

 ワインやコーヒーのにおいを感じなかった。耳鼻咽喉科と内科を受診し「花粉症など季節特有のアレルギーの疑い」と診断されたが、一夜明けた25日も変わらなかった。コーヒーの香りがわからない-。倦怠(けんたい)感や発熱、せきなど目立った症状はなかったが、チームドクターに相談した。別の耳鼻咽喉科を受診すると「(新型コロナウイルス感染の)可能性がある」とPCR検査をすすめられ、この日、大阪府内の病院で陽性と診断された。

 谷本副社長は「(NPBとJリーグの)専門家の先生方を入れた対策、連絡会議でもそういう症状は言われていなかった。ノーケアでした、嗅覚とか味覚の不全が起こるというのは」と情報がなかったと説明。だが、周辺でも異常があった。

 藤浪に直近2週間の行動を確認すると、14日に複数のチームメートと夕食をともにしていたことが判明。うち1人が「そう言われれば、みそ汁の味を感じないかもしれません」と味覚障害を覚え、もう1人は前夜「ピンピンしています」と話していながら、この日の朝になり「そう言われるとやっぱり味を感じない気がします」と訴えた。ともに病院へ向かった。

 最近になり、同ウイルスに感染した場合、味覚や嗅覚に障害が出ることが確認されている。谷本副社長は「それ(公表)は12球団でルールを決めている。社会的にも責任ある立場の人間なので」とし、検査を受けることを公表していた。

 阪神は球団施設をアルコール消毒し、4月1日までの1週間、活動休止にすると決めた。日本の主要プロスポーツ選手で初の感染。藤浪は前日25日も甲子園での練習に参加しており、複数の濃厚接触者がいるとみられる。集団感染の危機に直面した。

 プロ野球は当初の3月20日から、4月10日以降、そして4月24日と開幕延期を繰り返し発表してきた。国内での感染もさらに拡大し、明るい兆しが見えない。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む