記事詳細

NPB関係者では初の検査、事務局長「まず球団で対応する

更新
サンケイスポーツ

 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルスの有無を判定するPCR検査を受けることになり、日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は26日、「きのう(25日)のうちに球団から連絡がきた」と明かし、「12球団で(PCR検査を受けるのは)初めてです」と語った。

<< 下に続く >>

 Jリーグと連携して感染症の専門家チームから意見を聞く「新型コロナウイルス対策連絡会議」では、選手および家族を含めたチーム関係者に感染の疑いが出た場合の対応について、提言が行われている。同事務局長は今後について、「検査結果が出たら、まず球団で対応する。濃厚接触者の抽出、確認など、いろいろな作業がある」と提言に沿って対応をとると説明した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む