記事詳細

J1再開は5・9、臨時実行委で再々延期決定…再開後2カ月間アウェー席なし

更新
産経新聞

Jリーグが再開してもアウェー席は当面の間、設けない。“苦渋”の対策だ 1/1枚  Jリーグは25日、臨時の実行委員会を開き、4月3日の公式戦再開を断念し、J1を5月9日に再開する方針を決めた。新たに公式戦151試合が延期。リーグ独自の新型コロナウイルス対策としてアウェー席の撤去、座席の前後左右を空席にするなど密集、密接を避けるプランも決定した。J2は5月2日再開、まだ開幕していないJ3は4月25日の開幕を目指す。

<< 下に続く >>

 “再々延期”が決まった。Jリーグの村井満チェアマン(60)がウェブ上で記者会見に臨み、苦渋の表情で4月の再開断念とJ1の5月9日再開を当面の目標にすることを発表した。

 「難度の高い意思決定でした」

 新型コロナウイルスの感染拡大防止へJリーグはマスク7万枚、入場時に体温を測るサーモメーター450個などを準備。4月18日までに調達可能となったが、J1のゴールデンウイーク中の再開は感染拡大のリスクが大きいと判断した。J3、J2と段階的に再開し、予防対策を浸透させる狙いもある。

 独自の対策も打ち出した。再開後の約2カ月間はアウェー観戦の自粛を求め、アウェー席は設けない。全国各地から人が集まることでクラスター(集団感染)を防ぐ。密集、密接による濃厚接触を避けるため前後左右の座席を空席にするなどして収容率50%以下とすることも盛り込まれた。

 政府や各都道府県からさらに自粛要請があれば従うことも確認。その場合は無観客で実施することも検討していく。

 前日24日、東京五輪が約1年延期されることが発表された。もともと5月にリーグ戦再開がずれ込んだ場合は、五輪期間中のリーグ戦実施を検討していた。「五輪の延期で日程に余裕が生まれたわけではない。あくまでお客さまの安全を考えた結果」と説明した。

 再開後は各週水、土曜でリーグ戦を行い、金曜開催についても排除しない方針。村井氏は「56クラブの実行委員に個々の利害を超えて判断いただいた」と感謝した。リーグ一丸となって、難局を乗り越える。(宇賀神隆)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む