記事詳細

日本選手権、五輪代表選考兼ねて強行実施へ/競泳

更新
サンケイスポーツ

 日本水連は25日、東京都内で臨時常務理事会を開き、東京五輪の代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(4月2-7日、東京アクアティクスセンター)を予定通り実施することを決めた。

<< 下に続く >>

 前日24日に五輪の1年程度の延期が決まったが、選考方針は変えなかった。日本水連の坂元要専務理事は「(選手は)この選考会にピークを持ってきている。コーチの意志とトップ選手の強い要望があった」と説明。既に代表に内定している瀬戸大也(ANA)には、予定通り出場権を付与することも確認した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都の小池百合子知事は25日夜に都庁で記者会見。今週末の外出行動などに強い警戒を呼びかけるとされる。日本水連は選手、関係者に新型コロナウイルスの感染者が出た場合は無観客で行う大会を打ち切る方針を示していたが、都が外出禁止を要請するような事態に発展すれば開幕前に中止する可能性もある。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む