記事詳細

開幕延期残念…矢野監督「俺らができること…阪神タイガースとしてそういう姿みせていけるように」

更新
産経新聞

 阪神・矢野燿大監督(51)が9日、伊丹空港で取材に応じ、開幕延期の決定に「もちろん、やりたかったし、準備ももちろん3月20日に合わせていたので、残念な気持ちはある」と話した。

<< 下に続く >>

 「何かこの期間で俺らができることというのはあるのかなと考えながら、プロ野球として、阪神タイガースとして、何か、そういう姿を見せていけるような時間にできればなと思っています」

 開幕投手に西勇を指名するなど、青写真を描いてきた。延期の目安も4月中というだけで、想像だにしなかった痛手だが、ファンを喜ばせることをモットーにする指揮官は、阪神として底力をみせるときだと感じた。

 「状態的にはいつやっても大丈夫という状態ではいられると思う」

 シーズン開幕のアウトラインすら見えないが、前を向くしかない。「2020年11月15日の日本シリーズ第7戦で日本一になりました」とABCテレビ「おはよう朝日です」内で宣言したスケジュール通りにはいかないが、優勝&日本一という“予祝”だけは不変だ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む