記事詳細

ヤクルト、ノムさんの追悼試合を3・22開催 全員「73」ユニ

更新
産経新聞

日本シリーズを制した1995年当時の野村さん(右はオマリー)。追悼試合ではチーム全員が背番号73を着ける 1/2枚  ヤクルトが虚血性心不全で11日に死去した野村克也元監督(享年84)の追悼試合を、今季の開幕3戦目となる3月22日の阪神戦(神宮)で開催することが14日、明らかになった。1990-98年の監督時代に背負った「73番」のユニホームを首脳陣と全選手が着用することが検討されている。野村さんは対戦相手の阪神でも3年間指揮しており、球界に多大な功績を残した名将に両軍が哀悼の意を示す。

<< 下に続く >>

 背番号「73」のユニホームに、感謝の思いを込める。ヤクルトが開幕3戦目となる3月22日の阪神戦(神宮)を、野村克也さんの追悼試合として開催することが分かった。

 「ヤクルトを抜きにして、野村克也の野球人生は語れない。神宮球場に足を向けて寝られない」

 生前の野村さんは常々、1990年から9年間指揮を執り、4度のリーグ優勝、3度の日本一など黄金時代を築いたチームへの愛情を口にしていた。11日に死去し、息子の克則氏(楽天作戦コーチ)ら遺族の手で着替えたのも、スワローズ時代のユニホームだった。

 追悼試合ではチームの首脳陣と全選手が背番号「73」のユニホームを着用してゲームに臨むことが検討されている。昨年7月11日のOB戦では古田敦也、池山隆寛(現2軍監督)、真中満(サンケイスポーツ専属評論家)らに支えられながらバッターボックスに立ったノムさんの闘志が神宮球場によみがえる。対戦相手となる阪神でも、99年から3年間監督を務めており、楽天時代も含めて歴代5位の通算1565勝を挙げた名将に両軍が哀悼の意を込める。

 球団はこの日、15、16日に本拠地の神宮球場、1軍キャンプ地のANA BALL PARK浦添(沖縄・浦添市)、2軍キャンプ地の西都原運動公園野球場(宮崎・西都市)の3球場に献花台を設置すると発表した(午前10時~午後4時まで受付)。15日は楽天との練習試合(金武)で喪章を付ける。

 12日に一時帰京し、東京・世田谷区の自宅を弔問した高津監督は当時の守護神。「ヤクルトには素晴らしい伝統がある。僕は厳しさの中で伸び伸びと野球を楽しませてもらった。必ずどこかで見てくれている。恥ずかしくない野球をしたい」と決意を口にした。

 1月20日に行われた球団OB会に初出席した野村さんは「6球団に飛びぬけたチームはない。ちょっと頭をひねって上手にやれば、優勝できる」とエールを送っていた。狙うは2015年以来、5年ぶりのリーグV。日本球界に多くの人材を輩出した名将が天国に旅立ち、ヤクルトにとっては特別なシーズンが始まる。

写真一覧

  • 野村克也・ヤクルト時代の年度別監督成績

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む