記事詳細

東京五輪チケット、締め切られる 一時90万人待ち… ID登録は約750万件

更新

締め切りを1時間後に控えた29日午前10時59分時点の公式チケット販売サイトの画面。待ち人数は15万人を超えていた 1/1枚  2020年東京五輪の観戦チケットを購入するための抽選への申し込みが、29日午前11時59分に締め切られた。東京五輪・パラリンピック組織委員会によると、申し込みに必要なID登録があった件数は約750万件、公式販売サイトへの総アクセス数は約2425万件だった。当初は28日午後11時59分が申し込みの締め切りだったが、公式販売サイトへのアクセスが殺到。混乱を回避するため、12時間延長していた。

<< 下に続く >>

 公式販売サイトにアクセスすると、ユーザーに便宜をはかるために「待ち人数」と「待ち時間」が表示されたが、28日夜には「待ち人数」が一時90万人を超える事態となり、待ち時間は「1時間以上」の状況が続いた。

 ツイッター上などでは「自分の前に93万人が並んでるって…想像も付かないけどなんかウケる」「自分の前に90万もいて死ぬぅ」といった書き込みや、「昨日やっとけばよかった!」などと後悔するつぶやきもあった。

 一夜明け、新たな締め切りを約2時間後に控えた29日の午前10時すぎにも30万人超の待ちが発生。「期間はあったのに、なぜ駆け込み人数がこんなに多いのだろうなあ」といった素朴な疑問や、申し込みを完了して「間に合ったゾ~」と安堵する声もあった。

 抽選を申し込んだチケットが当選したかは6月20日にわかる。今回、当選できなかった場合でも、当選者が何らかの理由で手放さざるを得なくなったチケットを転売できる公式サイトができる予定で、入手するチャンスは残されている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む