記事詳細

まだ間に合う!東京五輪チケット締め切り半日延長、駆け込み殺到で異例措置

更新

東京五輪のチケット販売サイト上で、申し込み締め切りの延長を発表。駆け込みのアクセスが殺到し、29日昼まで手続きができるようになった 1/1枚  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、国内在住者向けに販売する同五輪入場券の抽選申し込みを12時間延長し、締め切りを同日午後11時59分から、29日午前11時59分に変更すると発表した。締め切りを目前にアクセスが増え、混乱を避けるために急遽(きゅうきょ)措置を取った。締め切りまで約4時間に迫ってから、突然の延長発表となった。

<< 下に続く >>

 申し込み締め切り延長の連絡が報道各社に入ったのは、28日午後8時頃。残り約4時間というドタバタぶりだった。プレスリリースには、こう書かれていた。

 「当初の受付締め切りから半日間延長し、5月29日(水)11:59までといたします」

 最終日とされた28日に向け、専用販売サイトへのアクセスは急増していた。サイト入り口の「ウェイティングルーム(待合室)」では、27日夜には数十分から1時間待ちとなり、28日も昼間に15-30分の待ち時間が発生。夜に入ってからは1時間以上となっていた。

 28日午後11時の時点では待ち時間が「1時間以上」、待機している人数は「90万人以上」の数字が表示。29日午前0時30分時点の待機人数は「約87万人」だった。

 組織委ではアクセス状態を24時間態勢でチェックしていた。「ここ数日、段階的にアクセス数や待ち時間が増えていた」と担当者。「パンクするような状況ではないが、アクセス数が増える時間帯を前に対策を講じた」。“駆け込み”の申し込みが殺到するのを前に、締め切り時間を変更したと説明した。

 9日の受け付け開始直後、専用販売サイトへのアクセスが集中。2時間以上の待ち時間が発生し、手続き終了までに数時間を要する事態となった。組織委はサーバー増設やサイトの設定変更などで対応。特に最後の電話認証で電話がつながらない状態が続き苦情が殺到したため、電話を掛ける前の段階にウェイティングルームの位置を変更することで改善。その後は安定稼働してきた。締め切り延長は、当初の混乱の再発を避けるためだ。

 申し込み総数は非公表だが、サイトへの累計アクセス数は1000万件を大きく超えたとみられる。ID登録者は28日午前0時時点で619万4949件。前日からの24時間で約41万件増えた。

 また組織委は、希望のチケットを選んでも「カート」に入れたまま手続きが完了していない人がいるとみて、ホームページで注意を呼びかけている。手続きを完了していれば、登録したアドレスに「東京2020オリンピック チケット申込完了のお知らせ」と題したメールが送られてくる。

 抽選は締め切り後で、結果は6月20日に発表。購入手続きの締め切りは7月2日だ。当選した入場券は一括購入を求められるが、税込み30万円以上はVISAのクレジットカードやプリペイドカードなどでしか決済できず、組織委は改めて注意を呼びかけている。

 今秋以降には専用サイト上で先着順販売が行われ、来春以降には都内に販売所も設けられる。不要になった入場券の公式転売も始まる予定だ。

★申し込みは

 専用サイトでID登録が必要。電子メールアドレスや住所、氏名、生年月日、電話番号などを入力しIDを取得。このIDを使ってチケットの公式販売サイトにログインし、観戦したい競技や入場券の種類、席種、枚数を選ぶ。1人当たり第1希望、第2希望各30枚まで申し込める。当選枚数の上限は30枚。6月20日に抽選結果が発表される。

 当選した場合、7月2日までに購入手続きを行う。観戦予定者を登録し、カードか、コンビニエンスストアでの現金決済のいずれかを選択し、代金を支払う。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む