記事詳細

ジェイテクト、第13回国際二次電池展 ~バッテリージャパン~ 出展

更新
PRTIMES

株式会社 ジェイテクト

 多様な産業のイノベーションを支える蓄電デバイスとして、電動化支援によるCO2排出量の削減、製品ライフサイクルを支え持続可能な社会の実現に貢献

<< 下に続く >>

 ジェイテクトは、取り巻く環境の変化を先読みした、持続的成長の柱となる新領域として、高耐熱リチウムイオンキャパシタの商品化を推進

 株式会社ジェイテクト(本社:愛知県刈谷市、社長:佐藤和弘、以下「ジェイテクト」)は、2022年3月16日(水)~18日(金)に東京ビッグサイトにて開催の第13回[国際]二次電池展 ~バッテリージャパン~に出展。

出展概要

 ジェイテクトは、取り巻く環境の変化を先読みした、持続的成長の柱となる新領域として、高耐熱リチウムイオンキャパシタの商品化を推進してきました。キャパシタは、自動車のみならず、工作機械、建設機械、鉄道、電力インフラ、交通インフラなど様々な領域での活用が期待されている。

 高耐熱リチウムイオンキャパシタは耐熱性に優れ、電源バックアップ、ピークカット、回生、高出力化、メイン電源など様々な用途に貢献できるもので、二次電池展ではセル単体から搭載実例などを紹介。

主な出展製品

 1.高耐熱リチウムイオンキャパシタ セル、モジュール

 当社特許技術により、動作温度範囲-40~85℃(世界初)を実現し、自己発熱(ジュール発熱)に伴う性能劣化を大幅に抑制。

 その結果、高負荷連続使用が可能となり、大電流での電力アシスト、電力回生、瞬間停電・電圧低下補償、急速充電、バックアップなど幅広い活用が可能。

セル

モジュール

 2.高機能型 電動パワーステアリング(以下「EPS」)用補助電源システム

 EPSの高出力化、電圧補償、電源バックアップ機能を実現。

 安全で快適な自動車の自動運転化、電動化に貢献。

バックアップシステム

 3.高耐熱リチウムイオンキャパシタ搭載 水素燃料電池ドローン

 EPS用補助電源システムを改造し、ロボデックス社製の水素燃料電池ドローンの補助電源として搭載。

 上昇速度・加速力の向上、姿勢制御の強化は高出力機能として、電源失陥時はバックアップ機能として貢献。

ロボデックス製ドローン

出展小間番号

 東京ビッグサイト E37-5

高耐熱リチウムイオンキャパシタにおける環境貢献

 ジェイテクトでは、長期・中期経営計画において、4つのマテリアリティ(重要課題)の1つとして、「モノづくりに新たな価値を提供する」を掲げ、産業を支えるキーコンポーネントの提供を目指す。高耐熱リチウムイオンキャパシタは、多様な産業のイノベーションを支える蓄電デバイスとして電動化支援によるCO2排出量の削減、製品ライフサイクルを支え持続可能な社会の実現に貢献していく。

 【7.3】2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

 【9.4】2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。

 【12.5】2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

 参考:

 ■ジェイテクトコーポレートサイト 高耐熱リチウムイオンキャパシタ製品紹介ページ

https://www.jtekt.co.jp/products/capacitor.html

 ■ジェイテクト 長期・中期経営計画

https://www.jtekt.co.jp/news/210519.html

<ジェイテクト 長中期経営計画 マテリアリティ(重要課題)>

 ■二次電池展 ~バッテリージャパン~について

 会期 2022年3月16日(水)~3月18日(金)  10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)

 入場料 無料(登録制) ※事前登録制となります。事前来場登録

 登録サイト https://www.batteryjapan.jp/ja-jp/visit.html

 会 場 東京ビッグサイト 東展示場 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×