記事詳細

学術会議、3月末までに改革素案 梶田会長が井上担当相に伝える

更新
産経新聞

井上信治科学技術担当相=16日午前、首相官邸(春名中撮影) 1/1枚  井上信治科学技術担当相は27日、日本学術会議の梶田隆章会長と東京都内で会談し、学術会議の組織改革をめぐって意見交換した。梶田氏は、4月の学術会議の総会でとりまとめを目指す改革案について、3月末までに素案を示す考えを伝えた。井上氏が会談後、記者団に明らかにした。

<< 下に続く >>

 井上氏は素案をまとめる前に改めて梶田氏と意見交換の機会を持つことに同意したとし、「(学術会議内で)しっかり議論し、対応してもらえると期待している」と語った。

 また、梶田氏は会談で、菅義偉(すが・よしひで)首相が任命を見送った会員候補6人について、「まずは任命問題を解決してもらいたいという意見も多いので、なかなか苦慮している」と井上氏に伝えたという。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×