記事詳細

皇室行事で泥酔? 丸山穂高氏ぶら下がり詳報「名誉毀損だ」と否定

更新
産経新聞

饗宴の儀での飲酒について記者団の質問に答えるNHKから国民を守る党・丸山穂高副党首=21日午後、国会内(春名中撮影) 1/1枚  皇室行事で酒に酔い不適切な行動があった可能性があると国会で指摘を受けたNHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員は21日、記者団に不適切行為を否定した。記者団に語った内容は次の通り。

<< 下に続く >>

--10月29日の饗宴(きょうえん)の儀で丸山氏が周囲の人に止められるぐらいお酒を飲んでいたという話がある。事実関係を

「どこからその話は出たのか」

--議院運営委員会理事会だ

「どなたが」

--議運委の手塚仁雄野党筆頭理事の(議運委理事会後の)ブリーフで話が出た

「手塚筆頭がそう発言された」

--そういう話が出ていると発言した

「事実関係として、どういう状況で発言したのかを逆に聞きたい。泥酔したというのはどういう状況なのか。お酒を飲んだって、みんな飲んでいた。私からすれば国民民主党、あるいは立民の議員も泥酔していた。飲んでいたんだから、飲んでいる議員は。泥酔の意味が分からない」

--丸山氏が周囲に止められたとされている

「誰に止められたのか。止めた議員を呼んできてほしいし、聞きたい。どういう止め方だったのか。一切、自分としては基本的にはお酒を飲んだが、みんな飲んでいたし、皇族の方ともお話ししたし、議員ともお話しした。誰かに止められて、何かしらそれで話を止めたとか、移動を止めたとかいうことはない。これが間違っていたのであれば、もしくは事実確認が曖昧だ。何をもって泥酔していたというのか。全くもって名誉の毀損(きそん)だ。きっちり説明を求めたい」

--周囲の議員から制止されるようなことはなかった?

「基本的に周囲の議員から制止されたという認識はない。それによって何かしら騒ぎになっていたら、何かしら問題が起きていた。全くそんなことはないし、普通に客としてお招きを預かって、皇室の方や議員と話をして、お土産もいただいて帰ってきた。証拠もなしに言われたって、どの議員が、どういう形で止めたのか。もう1カ月前だから全部覚えていないが、いろんな方と話をした。誰が止めて、どういう状況で、違法行為なのか、違法行為じゃなくても何かしら周りの方が『もう出席をやめろ』というようなぐらいなのか」

「全くそういう状況でもないのに、いきなり、しかも1カ月後ぐらいに(国民の)森裕子(参院議員)さんの話を隠したいかのような感じもする。ただ議運に呼んでいただくなら、ぜひ呼んでいただいて(前経済産業相の)菅原(一秀)さんの話もしたいし、議運委員長だって関電の寄付をもらったという話もある。あと河井(克行)前法相の話もあるので、どんどんそういう話をやっていただくなら、私は真っ先に行く。議運には仕事をしてほしい。こういうことをやっている場合ではない」

--皇族の方とお話をしたということだが、どなたと話したのか

「それはあらゆる方と。多くの方がご出席されたので。細かい話に関しては言えること、言えないことがあるし、ここで申し上げるべきことではない」

--その場で問題があったという認識はないか

「全くない。問題があるなら、議員もいっぱいいるし、その場で、そもそもお仕えしていらっしゃる侍従以下の宮内庁の職員の方もいらっしゃるし、何かしら失礼があれば止められるのは当然だ。私も制止されれば、そこで発言を止めたり、行動を止めたりするが、基本的には好きに歓談を(した)。陛下が来られる前に1時間か、1時間半ぐらい並んで、来られてから代表のあいさつと、陛下のごあいさつ、お言葉があって、その後、侍従とかの方々がお酒を持ってこられて乾杯。あとは自由歓談。何かしら、その流れに沿っていないことはないし、制止されたということもない。だったら、その場できちんと話をすべきだ。なぜいまのこのタイミングで、しかもあいまいな情報に基づいて(指摘したのか)」

--周囲に制止されるぐらいお酒を飲んでいたか

「みんな飲んでましたよね。誰が制止したのか。何をどう制止したのか。それを発言すること自体が意味がわからないし、何のことか、何をおっしゃりたいのかと言いたい。逆に(議運に)呼んでいただけるなら、ぜひ呼んでいただいて、その場でこんなことやっている場合じゃないでしょうって(言いたい)。もっと国会で、こんなしょうもないこととか、桜がどうこうとか、そこじゃなくて、もっと議論しなきゃいけないのに、議運は何やっているんですかという話をしたい」

--お酒はどのくらい飲んだか

「その場にあるので何杯も飲んだ」

--種類は

「シェリー酒があったので、シェリー酒」

--記憶はちゃんとあるのか

「全部ある」

--皇族の方に失礼な言動を働いたという記憶はないか

「基本的にざっくばらんにお話をさせていただいたと思う。失礼なことがあれば、その場でそういう話になるだろうし。皇族の方は本当に素晴らしいので、どういうお話でも、基本的にはお答えをくださったし、にこやかにお話をさせてもらった。基本的には一人で話すことはないし、周りの議員がいるので、その同僚議員が誰だというのはないが。まあお酒の場なので」

--饗宴の儀でお酒は飲んだという事実はある一方で、当時の記憶は明瞭に残っていて、その中でも皇室の方々に不適切な言動をした記憶は全くないと

「全くないし、止められて何かしら言動をやめたという覚えもない。止められて、それで何かしらまた言動をするようなことがあれば、もっと大騒ぎになっていると思う。全くもってなんら問題はない行動だ。逆に何をもって泥酔したと言って、何をもって止めたというのか。本当に止めたというのなら、不適切なものかというのをきちんと証明してほしい。誰が止めたのか。その方も一緒に議運に呼んでいただいて、どういう状況だったのかを明確に説明してほしい。そもそも、議運はそんな議論をするような場なのか、というのが私の意見だ」

--今日、こういった話が提起されたことには不快感はあるか

「全くもって意味不明だし、もっと議論すべきことがあるだろうと思う。われわれ無所属の議員は議運にも呼んでもらえない。呼んでいただけるなら行きたい。そういう発言もできないし。こんなことをやっている場合じゃないのではないかというのが私の意見だ」

--北方領土の国後島で飲酒し、元島民の方に不適切な言動などがあり謝罪した。それ以降、丸山氏自身はお酒の飲み方にはどう気を配ったり、注意したりしているか

「基本的には飲まないことはない。飲む。適宜、自分の中で飲みたいものを飲むし、それは何も、どなたかに止められることじゃない。きちんと法のルールは守る。その場で、北方領土の話もそうだったが、相手の方が不快だとおっしゃったことに対して、私は謝罪した。その場の不適切性と、相手の、元島民の方のお気持ちを考えなかったことに対しては謝罪をしている。ただ別に、それ以上に違法行為があるわけでもないし、飲み方に関しても、私が決めることであって、どなたにも何かしら言われることではないと思う」

--今後、このことについての調査には対応していくか

「ばかばかしいが。そんなことをやる前に、もっと議論すべきことあるのではないかというのが私の意見で、それも議運で言いたい。こうやって注目してもらえるなら、どんどん発信してきたいので、呼んでほしい。どういう状況だったのかを聞きたいし、それが本当に議運で話すべきようなもの、状況なのか。誰も止めてないのだから、その場で。止めていたら、もっとその場で(問題に)なる。私も全部は記憶あるし、その後はプールに行って普通に泳いでいる。むしろ、もっときちんと他の仕事をしてほしい」

「注目してもらってありがたい。むしろ話題にしてほしい。議運が何をやっているのだということを、国民の皆さんに伝えたい。こんなしょうもない話をしている場合じゃないだろうと私は思う」

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む