記事詳細

菅官房長官、豚コレラ感染拡大に「重要な局面」

更新
産経新聞

会見に臨む菅義偉官房長官=20日午後、首相官邸(春名中撮影) 1/1枚  菅義偉(すがよしひで)官房長官は20日の記者会見で、農林水産省が養豚場の豚へのワクチン接種実施に向けて防疫指針の改定に着手する方針を表明したことに関し「豚コレラは重要な局面を迎えている」との認識を示した。

<< 下に続く >>

 豚へのワクチン使用をめぐっては、農水省はこれまで慎重だったが、豚コレラの感染拡大が続いているため方針を転換。ただ、ワクチンを使うと豚コレラを撲滅していると国際機関が認定する「清浄国」への復帰に時間がかかり、輸出に支障が出かねないとの指摘もある。

 菅氏は「江藤拓農水相から農場で飼育している豚へのワクチン接種に向けた準備を開始する旨の話があったと承知している」と説明。「今後、農水省が輸出への影響を含め具体的な対応の検討を早急に進めていく」と語った。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む