記事詳細

都心にいながら島時間 「離島キッチン」

更新
産経新聞

離島の食材をふんだんに使った定食。1番人気は「寒シマメ」の漬け丼だという=東京都中央区(三尾郁恵撮影) 1/3枚  いま、「離島」がますます遠い存在になっている。飛行機や船を乗り継がないとたどり着けない距離に加え、新型コロナウイルス禍で旅行は制限された。人口が少なく、医療提供体制も脆弱(ぜいじゃく)になりがちで、「来島自粛」を表明しているところもある。そんななかにあって、東京都内には2店舗を構える「離島キッチン」は、全国の離島から集めた食材で料理を提供。「島時間」が味わえるスポットとして人気だ。(飯嶋彩希)

<< 下に続く >>

 離島キッチン日本橋店は、内装を木材でそろえ、温かみのある落ち着いた雰囲気が漂う。店内のテーブルは、令和元年の台風で損壊した神津島(東京都神津島村)の木材を再利用したもの。料理だけでなく、島の産品も販売されていて、広く明るい店内は見どころたっぷりだ。

 食事はランチタイムから夜まで定食を提供。メインの料理を選び、小鉢や汁物などは共通でセットになっている。1番人気は、島根県海士町(隠岐諸島)の名物「寒シマメ」の漬け丼。島でおいしい旬に取れたスルメイカのことで、やわらかく、するするとのどを通る。付け合わせの小鉢はそれぞれ違う場所のもので、島に思いをはせながら食べるのは楽しい。ドリンクメニューには島の地ビールやコーヒーがあり、デザートも注文できる。

 海士町の観光協会が平成21年、最新の冷凍技術を導入し、島産の魚介類の商品価値を高めようとキッチンカーを走らせるプロジェクトを計画した。次第に「同じ思いを持つ全国の島に声をかけ、『離島』と称した方がいいのでは」と広がりをみせ、キッチンカーでの離島キッチンがスタート。その後、飲食店型のアンテナショップとして都内に神楽坂店を初出店した。

 「レストランではなく、あくまでアンテナショップ」

 そう語るのは、離島キッチンの代表、小池岬さん。小池さんも伊豆大島(東京都大島町)の出身。離島に住む人と本土に住む人それぞれの立場で考えながら、店舗運営を通じて離島の活性化を探っている。客の反応を見ることで、どの商品や食材に関心があるのかを分析し、それを島の生産者らと共有することで、島は必要最低限の出資で生産品を回すことができる。それだけに、アンテナショップという価値にこだわる。

 並んでいる商品は、島のおかしや調味料、ジュースなど。どれも目を引くが、正直、安くはない。背景には輸送費がかかり、大量生産できない手仕事品であることなどがある。

 小池さんは「生産者を守りつつ手に取ってもらう価格にするようにしている」と話す。よりコストの少ないオンラインストアの立ち上げも検討している。

 観光業が主産業の離島は、新型コロナウイルスによる打撃も受けている。観光客がいなくなったことで生産品の供給先が失われ、漁に出られなくなった漁師もいるという。

 都内の飲食店が要請を受けて営業時間を短縮している影響で、離島キッチンの来店者は減ったが、物販の売り上げは好調だという。

 観光地やリゾート地で、働きながら休暇をとる「ワーケーション」が一般化するとともに、在宅勤務などテレワークも定着しつつあるなかで、移住を考える人も増えている。

 小池さんは「離島に興味のある人は気軽に訪ねてほしい」と呼び掛けている。

写真一覧

  • 木のぬくもりを感じさせる明るい店内では、島の産品も販売されている(三尾郁恵撮影)
  • 離島キッチンの小池岬代表(三尾郁恵撮影)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×