記事詳細

「従軍慰安婦」許すな! 4月から使用の中学校歴史教科書、記述反対の緊急集会 文科省の対応問題視する声続出 

更新
産経新聞

 4月から使われる一部の中学校歴史教科書で「従軍慰安婦」の記述が復活することに反対する緊急集会が24日夜、東京・永田町の憲政記念館で開かれた。出席した保守系の国会議員からは「従軍慰安婦」の掲載を問題なしと判断した文部科学省の対応を問題視する厳しい声が続出した。

<< 下に続く >>

 緊急集会は「新しい歴史教科書をつくる会」(会長=高池勝彦弁護士)と、「慰安婦の真実国民運動」(加瀬英明代表)が主催し、約150人が参加した。

 「従軍慰安婦」の記述は、1993年に河野洋平官房長官が、慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」を出した影響で広まり、慰安婦の「強制連行説」に疑義が指摘され始めると一時、消えた。

 だが、2019年度の教科書検定で「従軍慰安婦」と記述した山川出版社の教科書が合格した。

 緊急集会で、自民党の高市早苗前総務相は「不正確で、検定基準違反の教科書が次の検定で増えることがないよう、自民党内でもしっかり検討する」と強調した。

 同党の山田宏参院議員は「日本政府が『河野談話』を引き継いでいることが問題だ。『従軍慰安婦という言葉を教科書で認めるのは不適切だ』とする閣議決定を行うべきだ」と声を上げた。日本維新の会の松沢成文参院議員は「偏向した『左翼思想』で教科書を選別する文科省を立て直すべきだ」と訴えた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×